NetflixとAmazonで満腹

投稿者: | 2018/09/13

春に東京から、長野県の実家に居を移して、東京での生活と同じように毎日TSUTAYAに通い込むのかと思ったら、ネット環境に光を引いたせいで、NetflixWAmazonプライム・ビデオW ばかりの生活になってしまった。

『キミとボクの距離』 脚本:アラン・ロープ

『キミとボクの距離』 脚本:アラン・ロープ

Netflix に入ったのは、お気に入りの脚本家、“アラン・ローブ”が書いている、『キミとボクの距離W(The Space Between Us)』を観るためだったのだが、Netflixも、Amazonも、DVDになっていない作品が、字幕付きであったりして、離れられそうにない。

◇   ◇   ◇

『30 ROCK』 企画&脚本:ティナ・フェイ

『30 ROCK』 企画&脚本:ティナ・フェイ

で、まずは ティナ・フェイW。出演作の『ミーン・ガールズW』や『30 ROCK/サーティー・ロックW』は、脚本もやっているので、人物造形に無理がなく、気に入っている。
特に『30 ROCK』第1話の冒頭(最初のS#)は、キャラクターの提示として良く出来ていて、大好きだ。

『アメリカン・レポーター(Whiskey Tango Foxtrot)』

『アメリカン・レポーター(Whiskey Tango Foxtrot)』

そのティナ・フェイ出演の(脚本は書いていないが)『アメリカン・レポーターW』を、Netflixで観る。やはり、狙いがはっきりしていて、良くできている。ついでに Amazonビデオ で、出演作の『ベイビーママW』と『あなたを見送る7日間W(This Is Where I Leave You)』も観る。これらも、役どころとキャラクターが合っていて、作品選びに知性を感じる。

『あなたを見送る7日間』 脚本:ジョナサン・トロッパー

『あなたを見送る7日間』 脚本:ジョナサン・トロッパー

この『あなたを見送る7日間』には、気に入った台詞があったので、調べてみると、脚本家のジョナサン・トロッパーは、小説家でもある。最近作が、Netflixで配信されていて、『さようなら、コダクロームKodachrome』。これもなかなか良い。

『さようなら、コダクローム』 脚本:ジョナサン・トロッパー

『さようなら、コダクローム』 脚本:ジョナサン・トロッパー

Netflixでは、『オクジャ/okjaW』(監督:ポン・ジュノW)、ハリウッド版『Death Note/デスノートW』(監督:アダム・ウィンガードW)、日本が舞台の『アウトサイダー (2018年の映画)W』、SF『アナイアレイション -全滅領域-W』(監督:アレックス・ガーランドW)などを観ました。

連想ゲームのように視聴が続いて行く……。