Hills Like White Elephants 日本語訳比較

演劇メソッド,劇作

アクターズ・スタジオリー・ストラスバーグが書いた『メソードへの道』に、役づくりのレッスンに使う教材として、アーネスト・ヘミングウェイの『Hills Like White Elephants』が出てくる。まずは文庫で読んでみたのだが、台詞がしっくりこない。図書館に行って別の翻訳を読んでみたら、いろいろありすぎて……。元の英語が、一番、腑に落ちる。(そりゃ、オリジナルだから当然なのだが)

リー・ストラスバーグ『メソードへの道』

翻訳者に戯曲との関わりがあるかで、大きく異なるように感じる。話し言葉として、発話しにくいものも多数ある。これって、他の翻訳者と同じ訳にしてはいけないという、ルールでもあるのでしょうか? 各翻訳を並べてみます。タイトルが全部違うなんて!!

【1】大久保康雄白い象のような山々』1953 新潮文庫
【2】龍口直太郎白い象のような丘』1953/1969 角川文庫
【3】瀧川元男白象のような山』1955/1972 三笠書房
【4】谷口陸男白象に似た山々』1957 研究社出版/1972 岩波文庫
【5】西川正身白象に似た山なみ』1964 中央公論社
【6】沼澤洽治白い象に似た山々』1977 集英社
【7】高見浩白い象のような山並み』1995 新潮文庫

What should we drink?
【1】何を飲もうかしら?
【2】ねえ、何を飲もうかしら?
【3】なにを飲みましょうか
【4】飲み物、何にします?
【5】何を飲むの?
【6】何飲んだらいいかしら?
【7】何を飲む?

They look like white elephants.I’ve never seen one.No, you wouldn’t have.
【1】あの山は、まるで白い象みたいね/白い象なんて見たことがないな/そうね、見たことないでしょうね
【2】向こうの丘、白い象みたいね/白い象なんて、見たことないよ/そりゃあ、ごらんになろうと思ったってね
【3】あの山脈はまるで白い象のようね/僕は白い象などみたこたあない/そうね、ごらんになってなかったでしょうね
【4】あそこの山、まるで白い象みたい/そんなやつ、見たことがないぜ/そうね、ごらんになったことないでしょうね
【5】あの山、まるで白い象みたいね/白い象なんて、ぼくはまだ一度も見たことがないんだ/そうね、ないでしょうね
【6】あの山、白い象みたい/見たことないからな、そんなもの/でしょうね、あなたは
【7】あの山並み、白い象みたい/白い象なんて、一度も見たことないな/ええ、ないでしょうね、あなたは

Wasn’t that bright?
【1】ちょっと気のきいた言い方じゃない?
【2】なかなか頭がいいでしょ?
【3】気のきいた言いかたじゃなくって
【4】うまい言いかたじゃない?
【5】うまいこと、言ったじゃない?
【6】なかなか名文句でしょ?
【7】あれは冴えてたでしょう?

I don’t care about me.Well, I care about you.
【1】あたし、自分のことなんか、どうでもいいのよ/ぼくは、どうでもよくはないよ
【2】あたしは、自分のことなんかどうでもいいと言ってるのよ/だが、ぼくにはどうでもよくないんだな
【3】私、自分はどうでもいいのよ/僕はお前がどうなってもいいとは思わないぜ
【4】あたしは自分のことなど、どうでもいいの/ところが、ぼくは君がどうなったってよかないぜ
【5】あたし、この自分なんかどうなったってかまわないのよ/ところが、ぼくのほうは、かまわなくはないんだ
【6】自分がどうなろうと、私、かまわないの/僕はかまってる
【7】あたしなんか、どうなったっていいのよ/いや、よくないよ

Would you please please please please please please please stop talking?
【1】どうか、どうか、どうか、どうか、おしゃべりをやめてちょうだい
【2】ごしょうだから、おしゃべりをやめてちょうだい。ねえ、お願い、お願い、お願い!
【3】どうか、どうか、どうか、どうか、どうか、どうか、どうか、話をやめてくださらないこと
【4】お願い、どうかどうかどうかどうかどうかどうか、おしゃべりやめてくださらない?
【5】じゃ、お願い──どうかどうかどうかどうかどうかどうかどうか、おしゃべりをやめて
【6】頼むから、ね、頼むから、頼むから、黙ってちょうだい
【7】どうかおねがい、おねがい、おねがい、おねがい、おねがい、おねがいだから、黙ってくれない?

I’ll scream.
【1】大きな声を出すわよ
【2】大きな声を出すわよ
【3】わめくわよ
【4】大声を出すわよ
【5】かなきり声を立てるわよ
【6】声立てるわよ、私
【7】思いっきり叫ぶわよ、あたし

I feel fine. There’s nothing wrong with me. I feel fine.
【1】すっきりしたわ。もうなんともないわ。いい気分よ。
【2】ええ、いい気分よ。あたし、別にどうもしちゃいないわ。いい気分よ
【3】すてきよ。ちっとも悪いとこなどないわ。晴ればれした気持ちよ
【4】気分はすてきよ。どこも悪いとこなんかないのよ。いい気持ち
【5】すてきよ。悪いとこなんか、どこもなくってよ。すてきだわ、今の気分
【6】大丈夫よ。私、どこも悪いとこなどないもの。大丈夫
【7】いいわよ。べつにどうってことないんですもの。いい気分よ、あたし

ヘミングウェイ短編集

この作品はいろいろな解釈が可能だ。設定によって、いろいろな演じ方ができる。『メソードへの道』では、ドロシー・パーカーの『素敵なあなたYou Were Perfectly Fine)』も教材として紹介されている。両作品とも、どうつくり込んでゆくか、その試行錯誤のための題材として、良い原作だと思う。もう1本、チェーホフの『熊』も載っているのだが、少し長いし、この2作は登場人物が2人なので、より深く考察できそうだ。