浅間山の写っている映画を集める試み

地域PHOTO浅間山

長野県の軽井沢町御代田町、群馬県の嬬恋村に接する、浅間山の見える場所にちなんだ、浅間山の写っている映画のキャプチャー画像を、ここに収集してゆくことにしました。たまたま観た順で、随時、追加してゆきます。

弥太郎笠

監督:マキノ雅弘/1952/新東宝=新生プロ

舞台は松井田宿(群馬県松井田町)。すぐ西に浅間山が見えるという設定。主演は鶴田浩二岸惠子。この実景には、二人は出てこないので、別撮りされたか、別の作品からの借用。3枚目の橋はどこだろうか? 「湯川」の上流か? どこかの施設か?

マキノ映画らしく、踊りのシーンが延々と続く。そのお祭りの歌詞。
♪ どこの誰かに 恋こがれてか
  今日も浅間が 身を焦がす
♪ 来るか来るかと 松井田けれど
  誰も来もせで 夜が明ける
♪ 峠越えれば 浅間の山よ
  信濃追分 別れ行く

旅は気まぐれ風まかせ

監督:田坂勝彦/1958/大映

沓掛宿(中軽井沢)が舞台。恩のある没落した善人の親分を助け、悪賢い今は宿場を牛耳る親分を叩きのめす、オーソドックスなお話。主人公は、市川雷蔵。オープニングタイトルと、エンドタイトルにのみ、浅間山が写る。3枚目は、八ヶ岳、手前に平尾山

エンドタイトルの唄は、三船浩
♪ 残る未練を振り捨てて
  ままよ 男と 駈け出せば
  浅間おろしが 身に沁みる

風来坊探偵 赤い谷の惨劇

監督:深作欣二/1961/ニュー東映

深作欣二の監督デビュー作。千葉真一の初主演作。雪山に墜落したセスナ機を追って、謎の死を解明するチバちゃん探偵。残雪のある場所を求めて、ロケは、北軽井沢から嬬恋村へ。(群馬県で撮影)

まだ開発が進んでいない、浅間山の北山麓。まるで富士山の御殿場か北海道のような雄大な高原で、馬を駆り、銃が鳴り、ダイナマイトが炸裂する。地元でこんなアクションが可能だったなんて、目から鱗っ!!

カルメン故郷に帰る

監督:木下惠介/1951/松竹

草軽電気鉄道の映像記録として有名だが、浅間山の麓の小学校もなかなか良い味。
ロケ場所は、浅間牧場(長野原町)と千ヶ滝小学校(軽井沢町)。

博士の愛した数式

監督:小泉堯史/2006/アスミック・エース

黒澤明のスタッフが切り取った、小諸。小諸城址。本丸跡の石垣を望遠で横移動。
本町通り(北国街道)の東側半分を望遠で。奥に光岳寺。(浅間山はでません)

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日

監督:山田洋次/1988/松竹

平成になる前の、昭和の小諸市をピックアップ。

小諸駅前。城の模型、ありましたね。千曲バスの肌色もなつかしい。
小諸ステーションホテル(1Fはみやげ物屋)から鹿島町。上田秋和行きのバス停。

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日(山田洋次/1988)

セット撮影と別撮りでインサートされる浅間山

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日(山田洋次/1988)

もどり橋。わざわざ煙を焚くのが、山田組のこだわり。


オープニングのクレジットで、小諸のお祭り風景をどう組み立てているか。

懐古園 三の門(男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日)

新しき土(侍の娘)

監督:アーノルド・ファンク/1937/ドイツ・日本

日本初の合作映画。浅間山の噴火と、原節子

愛怨峡

監督:溝口健二/1937/新興キネマ

愛怨峡(溝口健二/1937)

別所温泉丸子劇場でロケがおこなわれたと、上田フィルムコミッションのサイトには書いてあるが、この迫った山並みは、霊泉寺温泉あたりか、まったく別の場所か? (シナリオには「遠く日本アルプスのみえる温泉町」とある。ここに来る前に「小諸の温泉でのぼせた」と言っている)