橋本忍(1918〜)

シナリオシナリオライター,ストーリー,三幕構成,小國英雄,銀河鉄道999,黒澤明

橋本忍さんの『複眼の映像』に、1/3ずつ書くという記述がある。全体を作ってから書くのではなく、展開の可能性を残すためと、書いてみないとわからないという理由から、1/3ずつ箱を書き、1/3ずつ書き進める。

別冊宝島144 シナリオ入門

シナリオシド・フィールド,ストーリー,三幕構成,小林勝,新井一

シド・フィールドの『映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと』を読んで驚いた! 脚本を書くにあたって、最初に決めるべきは、クライマックスだと言うのだ。

『麦秋』小津安二郎(1951)

シナリオシド・フィールド,三幕構成,自分史

今から20年ほど前、最後の自主制作8mm映画をつくっていたころ、頭の中に漠然とあったのは、小津安二郎監督の『麦秋』だった。

『隠し砦の三悪人』Essential Art House(Criterion)版

DVD三幕構成,小國英雄,映画撮影,画質比較,黒澤明

カセについて考えていたら、急に『隠し砦の三悪人』(1958)が観たくなった。カセ(枷)とは、「ドラマを盛りあげるための関係的要素」。

Robert MaKee's STORY SEMINAR(映画『アダプテーション』より)

シナリオストーリー,ロバート・マッキー,三幕構成

ここ数日かけて、2冊の本を読みました。どちらも今年になって出版されたストーリーライティングの本で、共に、実践的で画期的な本でした。